コレステロール・善玉と悪玉の違い

コレステロールの重要性

コレステロールは、人間の体内にある脂質のひとつに該当します。コレステロールといえば、肥満や健康に悪いというイメージを持つ人も相当数いるでしょう。実際のところ、必要以上にコレステロールを摂取すると肥満や様々な病気の原因になる可能性が高くなります。しかし、コレステロールは細胞膜や神経の材料となる、人間の体に必須な物質です。

なお、コレステロールはホルモンを作り上げる機能にも関係があり、男性ホルモンや女性ホルモン、それから副腎皮質ホルモンなどを作るためには必須の成分です。またコレステロールは、消化機能に欠かせない胆汁に重要な胆汁酸を作る材料にもなります。うまく体を機能させるために必要なコレステロールが足りないと、色々な影響が出てきます。細胞膜の形成に欠かせないコレステロールが足りないと、細胞の状態を正常に守り続けることが困難になります。

このようになると、病気に対しての抵抗力を意味する免疫力の低下が見られるようになり、病気にかかりやすくなります。その上、神経の伝達機能に影響が出たり必要な胆汁が構成されないと消化機能にも影響が出てきます。このようなトラブルを起こさないためには、適量のコレステロールが重要なのです。

コレステロールの1日分の摂取量は1.5〜2.0g程度だといわれています。そのうち70〜80%は肝臓で生成され、20〜30%は食品から摂り入れて健康状態を保つために活用されています。正常な健康状態の人は、コレステロールを余計に摂っても、気付かぬうちに体の中でコレステロールが作られる量を抑制する働きを行い、体内のコレステロールを一定量に調整してくれます。しかし、高齢になるとこうした機能が衰退化してしまうのでコレステロールの調整が困難になるようです。

山口で人気の脱毛サロン
山口県の脱毛サロンの数はそれほど多いわけではありませんが、少数精鋭で優れたサロンが並びます。どこを選ぶかは悩みどころですが、選ぶべきポイントを列挙します。